<< 自分のセンスが信じられない | TOP | 本日発売の >>
Where is my passport?
東京駅のバイトを辞めてから、自分でもビックリするくらい東京駅を使わなくなった。自転車圏内の日本屈指のターミナルステーションといえでも、徒歩1分の地下鉄駅には敵わないらしい。さらに言うなら、一度自転車に乗ると決めれば、別に23区内なら苦もなく移動できる、ということもある。


しかし、今年、他に1度か2度使ったか。という程度の記憶しかないにも関わらず、ここ一週間で珍しく東京駅を2度も利用した。

そして、東京駅を利用するとなると、東京駅までの道のりにおいて、どうしてもマリリンの姿を『One more time,One more chance』ばりに探してしまう(マリリンに関しては、クソ長いのだけれどもコチラで参照可能)のだけれど、結局彼らしき姿は見当たらなかった――というか、ホームレスの姿自体がほとんど目につかなかった。再開発が進む中で、正直僕も歩いていて居心地の悪さを感じていたくらいなので、引っ越しした人が多いのかもしれないし、マリリンもそうしたのかもしれない。

しかし、もしかしたら、今年という1年のことを思うと、マリリンは死んでしまったのかもしれない――とふと思った。


あと、東京駅は単に古くなったところを新しくしているだけだからまだ分かるのだけれど、有楽町の方にいつも誰かしらが寝床を作っていたりしたところに柵を作って寝られなくするとかよくあって、皆ホームレスが嫌いなんだなあ、とつくづく思う。

まあね、嫌いなのは分かりますよ、僕も綺麗好きですしね。でも、嫌いなら嫌いと、死んでほしいなら死ねと言えばいいのになあと思う。もしかしたら、寝床を奪うだけだ、って感じなのかもしれないけど、その先に死が待っていないと本気で思っているなら、想像力が死んでるよ。

僕はまあ、自分で言うのもなんだけど、結構善と悪なら善寄りに解釈していただいている方だと思うのだが、そのくせ、まあ死ぬだなんだの日記もそうだけど、やたらと人を突き放すところがあったりする。しかしそれは、特段日常の価値判断から揺らいでいる状態での行動ではないのだと思う。真ん中よりは優しい側寄りかもしれないけど、別にそこまで優しい人間ではない。

ただ、僕は本当にヘタレなので、本当に追い詰められた時なんかには、泣き喚いて床を転げ回ったりもすると思うのだけれど、そんな無様な行動を、しかし他人に対しては無様でも、己の魂に対しては恥じることがないように――と思って生きているだけなのだ。多分。


東京駅で、凄く足の悪いおっちゃんがいて、その人はまともに歩くこともできないのだけれど、東京駅の主要配送ルートから外れたところを、1人でてくてくと歩き、台車を押し、1日かけて回る仕事を任されていた。

まあ、はっきり言って若者たちの半分も働けないのだけれど、しかし働ける人間が東京駅の真ん中であれこれと働いてからそっちに行くのは非常にことなので、おっちゃんの存在意義は充分にあったと僕は思っているし、少なくとも会社がそれでいいと雇っているのだから、それでいいじゃないかと思うのだけれど、他のバイトの人たちは、おっちゃんを非常に疎ましく思っていた。

気持ちは分かる。僕だってもっとちゃっちゃと動いてくれればいいのにとは思います。でもさ、そういう人に対してそういう感情を抱いたらば、もうその時点で、自分が怪我でもしたら、そこでクビになっても文句は言えないわけですよ。俺にも生活があるんだから考えてくださいよ――とか、とてもじゃないけど言えないよね。

っていうか、おっちゃんを馬鹿にしていた人たちは、多分そうなったらさ、これは断言するけど、そういうことを言うと思うよ。ほとんどの人がさ。でも、僕はそんな恥ずかしいことはできない。しかし、自分がそうなったら絶対に泣き言は言う。だから、その権利を自らの魂に保障するためには、おっちゃんに対して、結果としては優しくとられるような態度で接することになるのだ。


だから――って、別に繋がってないけどさ、この不景気なご時世、いつ自分もホームレスになっておかしくないな、ってちょっとでも思ったりすることもある、なんて人は、今からホームレスをそんなに嫌わないでいるといいと思いますよ。

そして、反対に、結果的にそういうことになっているかもしれないのに、しれっと無駄な(本当にホームレスが寝床を作れなくなるだけで、ただそこを歩く通行人にも邪魔な柵なのだ)障害物を作っているような人間は、それで死ぬ人間がいるかもしれないということを自覚して、せめて呪いの言葉を浴びせてみろとも思うのだ。

それは凄く嫌な話で、先述のおっちゃんに対して嫌な態度で接する、なんていうのとは次元の違う気分の悪さで、それこそ工事してる人だって生活のために仕方ないのかもしれないけど、それならそれでそんな無駄な工事の書類にハンコついてる人でいいから、直接悪意は示すべきだと、それがむしろ礼儀じゃないかと、上手く説明できないけど思う。

何の感情もなく殺されるってさ、何だか蝿だか蚊みたいじゃないですか。理由もなく、気がつけば――って感じで。人が人に殺されるその間に、悪意が流れていないって、それはそれで凄い怖くないですか? 少なくとも僕は凄くもやもやする。それがホームレスってもんだろうと言われれば、それまでなのかもしれないけど。


まあ整理がつかないまま、寝ることにしますが、マリリンがどこかで元気にしていますように。僕のサンタクロースはあなただけだよ。
はてなブックマーク - Where is my passport? | 04:58 | 戯言 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://diary.clue-web.net/trackback/995948
トラックバック