<< You'll never walk alone | TOP | Where is my passport? >>
自分のセンスが信じられない
スゲエ爆笑したんだけど、しかしその直後から、すでに自分でもよく分からなくなってきて不安。皆さんはこれ、笑えるでしょうか(できれば下記ネタばらしをご覧にならずに見ていただきたい)。



純粋に好きで来られた方が気分を害してはアレなので、伏字にしますが、CLIFF ED○Eというグループの『SA・YO・NA・RA 〜君を忘れ○いよ〜』という曲。タイトルが面白いとか、そういう話ではありません。いや、面白いけどさ。この曲がヒットして、時が経って解散して再結成して『KI・MI・WO・WA・SU・RE・NA・E・YO 〜さよなら〜』とかリリースしたら凄くCOOLだと思いますけどね。


テレビを点けっ放しで原稿書いてましたら、志村けんのコント番組が始まり、BGM代わりに聞いたりたまに見たりしていたら、エンディングテーマが流れまして、それが上記YouTubeビデオの曲であったわけです。

「うむ〜」と思っていたのですが、YouTubeの0:05辺り、DJ担当と思しき太っちょさんの二重顎とやる気のないダンスや振りというにはあまりにも幼すぎるリズムをとる動きにギュンときたのだけれど、少し視線をモニタに戻していたら、0:20辺りでラップが始まるわけです。

「ラップ入ったぁー」と思いながら、「もしかして、太っちょさんはラップ担当? いや、帽子の兄ちゃんがそうだと考えるのがベターか」などとGOLDEN BOYばりに瞬時に考えていたのですが、声を聴いていて「ん?」と思い顔を上げてテレビに視線をやると、懸念は的中し、ラップもメインボーカルの兄ちゃんが歌ってて、それがやたらと面白かったという次第です。特にその後の映像でラップでもやることない太っちょさんがさらにぎこちない動きを披露していたのがもう、グッときまして。とはいえ、上記YouTubeではそこまで入ってないんですけど。

全部聴いてタイムラインメモるのが面倒で見ていませんが、そこら辺気になる方は下記のフル尺動画をどうぞ。まあ、フル尺のPVを見れば、帽子さんと太っちょさんの担当パートで活躍する姿がちゃん見られるのかもしれませんが……。

ちなみに、そんなことはないと思いますが、太っちょさんが、電気の瀧、ハピマンのベズのような役割を担っているのであれば、この曲を購入する所存でおります。こんな良い顎は大翔鳳以来記憶にありません。



つーか、来月で大翔鳳没後10年って……。時間の流れは残酷やね。
はてなブックマーク - 自分のセンスが信じられない | 03:08 | 戯言 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://diary.clue-web.net/trackback/994561
トラックバック