<< 揺らいでいる最中なので | TOP | 休みだったもので >>
失業日記
 仕事を失ってしまった。

 それもこれも、プレーオフ第1シリーズで西武が敗退したからである。隣ではナインやスタッフがビールかけのバカ騒ぎに興じているが俺の心は冷え切っている。


 きっかけはとある一言だった。

「西武のさあ…、涌井いるじゃない?」
「ああ、いますね」
「あいつって19歳でしょ?」
「そうですね」
「優勝したらビールかけどうするのかなあ」
「そういやあ、そうですね」
「参加するのかなあ」
「するんじゃないですか。確か、皮膚から吸収しちゃう分には罪に問われなかった気がするんですけど」
「でもさあ、皆ハメ外してるわけじゃない」
「そうですね」
「勢い余って口から飲ませようとするバカとかいると思うんだよね」
「ああ」
「カブレラとかさ」
「ああ」
「ベネズエラじゃあ6歳から飲んでるんだよとか言ってさ。ちょっと、今笑うとこよ」
「ははは」
「まあ冗談はさておき、可能性としては無きにしも非ずだよね」
「そうですね」
「長谷川ちゃん野鳥の会やってたんだよね」
「そうですね」
「長谷川ちゃん首になりたくないでしょ」
「そりゃあ勿論」
「このままじゃあオフに自由契約にされるの聞いてるよね」
「はい」
「ちょっと西武が優勝したらさあ、祝勝会忍び込んで涌井ずっとチェックしといてよ。前途ある若者の将来を奪うのは忍びないけどさあ、西武とやる時涌井がいるといないじゃあ大違いでしょ」
「そうですね」
「それでもし涌井の飲酒シーンをフライデーしたら来期も契約するように俺がゴリ押ししてあげるからさあ。どう?」
「やります」
「オッケー。じゃあとりあえず西武が優勝することを祈っておかないとねー。あははははー」
「そうですね」


 初戦の激的な松坂の完封勝利で完全に流れをものにしたかのように思われた西武が、ソフトバンクに負けたのは周知の通りだ。

 とりあえず、今後の身の振り方を考えなければいけない。もうこんなヤクザな業界からは足を洗って真っ当な職に就くべきなんだろうか。しかし、俺に野球以外の何が出来るのか、といえばそれも甚だ疑問であると言わざるを得ない。

 思わず溜息が漏れる。せめてダルビッシュが12月生まれだったら…。
はてなブックマーク - 失業日記 | 00:56 | フィクション | comments(0) | trackbacks(2)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://diary.clue-web.net/trackback/568681
トラックバック
2006/10/12 10:07 PM
西武の太田秀和オーナー代行兼球団社長が11日、都内のホテルで松坂大輔投手と会談し、ポスティング・システム(入札制度)でのメジャー移籍を容認する考えを伝えた。 12日にも埼玉・所沢の球団事務所で正式発表する。 入団8年目で通算108勝、今春のワール
流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場
2006/10/14 10:02 AM
西武の太田秀和オーナー代行兼球団社長が11日、都内のホテルで松坂大輔投手と会談し、ポスティング・システム(入札制度)でのメジャー移籍を容認する考えを伝えた。 12日にも埼玉・所沢の球団事務所で正式発表する。 入団8年目で通算108勝、今春のワール
瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?