<< 『Bryce Dessner: St. Carolyn By The Sea - Jonny Greenwood: Suite From "There Will Be Blood"』 | TOP | ナマイキッ! or DIE >>
IN THE MOON WERE ONLY 1PIXEL

http://joshworth.com/dev/pixelspace/pixelspace_solarsystem.html

もしも月が1ピクセルだったら太陽系の星の大きさや距離はこんだけある、というサイト。
詳しい操作法(ってほどのものじゃないが)はコチラのサイトで見られます。

手動で気合でスクロールしてみたんだけども(スクロールバーのドラッグは面倒とか以前に距離感を感じられないのでオススメしません。マウスのトラックボールで是非。WindowsならShiftキー押しながらトラックボール下に回すのでOKなはず)、太陽系でかい。妙に面白い。

で、途中とにかくずーっとスクロールが続くところがあったりするわけですが、途中に文章が書いてあったりする。

俺は英語が本当に幼稚園児の日本語に負けるくらいに分からないのでスルーしてたんだけど、どうも最後のほうでたまたま目に入った文章を見ると、かなりエスプリの利いた文章ぽくって後半はザーッと眺めていたんだけど、やっぱり面白いこと書いてる風なんですよ。
太陽系から外されちゃった最後の冥王星にはカッコ書きで「we still love you」とか書いてたり、そのちょっと前に多分だけど「あなたがここまで来たことが驚き」的なこと書いてあったり。

ただ、Google翻訳では絶対に味わいが伝わらなさそうな感じで(実際一部やってみたんだが)。英語分かる人Coolに翻訳してくれませんかねマジで。

あと天王星の前あたりだったか、
「Is the known universe 99.9999999999999999999958% empty?」
「Or is it 0.0000000000000000000042% full?」
っていうのとか「おおー」と思いました。

しかし、科学詩人すなーとか感心しつつ、冥王星の奥にあったTwitterアカウントを見たらフォロワーがそんなにいるわけでもない、有名人ではなさそうな人でして、地球も月が1ピクセルだとしたらこんな大きさでしかないけど、色んな面白い人がいるものだと思った次第であります。
はてなブックマーク - IN THE MOON WERE ONLY 1PIXEL | 04:11 | 戯言 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://diary.clue-web.net/trackback/1000574
トラックバック