<< 終わるマッスル | TOP | 新海誠最新作『星を追う子ども』 >>
続・終わるマッスル
コチラの続き)



 本番30分前に、事前番組が開始。DDTの売店部長、最早21世紀の「涙のカリスマ」といっても過言ではない大家健(番組の右上スーパーは「カリスマ号泣師」)が過去のマッスルの見所を語る。大家の話までしていてはキリがないので、詳述は避けるが、大家のキャラクターが爆発の、涙あり(大家)笑いあり(客席)のグダグダな内容で笑わせてもらった。

(先の日記にも書いたが、詳しい内容はExtreme Partyさんを見ていただければ、上記番組の内容も含めて詳細なレポートをされているので、そちらをご参照いただきたい。

http://www.miyatasan.com/~yagifau/2010/musclehouse10.htm

 内容に関して、自分の言葉で語りたいとかそういった欲求はまったくないので、投げっぱなしで申し訳ないが、僕の記憶を手繰って書いたものの何十倍も優れた内容のテキストと写真が見られるのであれば、そちらを見るほうがよいに決まっていると思うのです) 

【本編】

 本編はマッスルメイツ5人(マッスル坂井/アントーニオ本多/男色ディーノ/ヤス・ウラノ/"黒天使"沼澤邪鬼)が代々木公園で楽しくハイキングしている映像から始まった。

 先日日比谷野音にて、木の根本にでっかいキノコがわらわらと生えているのを目撃し驚いたのだが、夏の酷暑の影響か、代々木公園の地面にもスーパーでパックで買ったかのような、食べ頃のキノコが一杯。一同はそれを生でむしゃむしゃと食す。

 そしてマッスル坂井がパケ、もとい袋に入った、謎の乾燥していると思しきキノコをも発見。地面からビニール袋まで生えるなんて世も末だが、プロレスラーはそんなものは恐れないので、それもむしゃむしゃといただく5人。すると、次第に皆の様子がおかしくなり、最終的には端が転んでもおかしい年頃状態になり、一同はご機嫌すぎるモードのまま練習に向かった。まあ、死ぬような毒キノコじゃなくてよかったよね。

 しかし、最後のマッスル興行のリハーサルだというのにへらへらと笑っている5人に、総合演出鶴見亜門の怒りが爆発。5人は練習生に格下げされ、試合もナシになってしまった。衝撃の展開、マッスル坂井引退試合はどうなってしまうというのか!? というところでオープニングV。マッスルのテーマソングたる、PENPALSの「LONELY DAYS」にのって、選手達が幼少時の写真と共に映される。先に言っちゃうけど、今回の興行は、この子供時代の選手達の写真がキーであった。



 オープニング終わり、VTRから始まって、鶴見がリングの上に。今までマッスルは様々な表現をしてきたが、演劇やお笑いは劇場などに見に行けばいい、リング上では真剣なプロレスをするべきで、笑いなどはいらないのだと力説。不意に飛び出した「禁治産者」というフレーズに笑ってしまったのは秘密だ(音で聞いたのは人生初かもしれない)。

 鶴見はリングの下まで着いてきていた練習生5人を特別にリングの上に上げる。そしてさっきまで笑っていただろうと追及。笑いが許されない今回、彼らの様子は全て観察されており、笑ったら大変なことになるぞと予告し、演劇仕込みの高尚すぎるギャグを炸裂させるが、芥川やケン・キージーを解さない資本主義の豚5人はくすりともしない。



 そこで、鶴見はマスクマンであるMr.マジックを、マスクの下で笑っていただろうと糾弾。マスクから覗く長髪でバレバレだし、そもそもオープニングでいたわけだが、Mr.マジックがマスクを取ると、本来の中の人、下島裕司ではなく、その正体は沼澤であった。

 鶴見は沼澤に笑っていただろうと詰め寄るが、沼澤の答えは当然ノー。それどころか笑いどころがないとバッサリ。怒った鶴見、それならお前が面白いことをやれと、大日本プロレス所属の沼澤に対して、大日本の道場がある鴨居ジョークを披露することを要求。正直切れ味は微妙な鴨居ジョークではあったが、皆さんもある程度ご察しであろう、ここで鶴見は笑ってしまう。

 瞬間、

「今林、アウトー!(♪ディディーン)」

 あの、聞きなれたSE! ちなみに今林というのは、鶴見亜門の本名(今林久弥という役者さん)。そして、当然のごとく黒タイツに身を包んだ仕置き人が登場し、尻バットが炸裂! まさかまさかの『ガキ使』ネタに沸き立つ場内。

 これでも説明としては充分だが、鶴見の罰ゲームの後もトークは進み、最終的には鶴見の「オッパッピー」に、お尻に痔ろうという非常に重大なダメージを抱える男色ディーノが笑ってしまい、罰ゲームを喰らい悶絶する羽目に。

 そして、それが嫌なら絶対に笑っちゃいけないのだと前置きし、総合演出鶴見亜門より、マッスルハウス10「絶対に笑ってはいけない最終興行」の開会が宣されたのであった。

コチラに続く)

  

JUGEMテーマ:スポーツ

はてなブックマーク - 続・終わるマッスル | 03:28 | 戯言 | comments(0) | trackbacks(2)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://diary.clue-web.net/trackback/1000524
トラックバック
2010/11/02 8:03 PM
テレビ番組ビッグフィッシング主催海上釣堀初代チャンピオンにして、4年半の間に300回を超す釣行をしている名人坂口昇が、あなただけに海上釣り堀で安定して2ケタ釣るためのを爆釣ノウハウをお教えします!
海上釣堀を徹底攻略!名人直伝の釣り堀必釣テクニック
2010/11/02 9:55 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-