<< みかじめを支払うのは打ち手ではなくパチンコ店。安心して遊戯しよう! | TOP | 死か栄光か >>
Nujabes急逝
mixiのニュースでもトップのトピックスにまでなっていて、驚いた。


音楽ファンにとっては、SparklehorseのMark LinkousやAlex Chiltonに続いて訃報続きにも程があるといった話だ。俺も最初TwitterでNujabesが死んだと見た時瞬時に涙が出て、次第に何も手がつかなくなって、さっきまで寝ていた。そして今から、家呑みだけど自棄酒を始めようというところだ。

俺、正直、不謹慎で、ファンの方は見ないほうがいいのでは、ということを今から書くけど、高速の合流での事故と聞いて、どこか救われているようなところがある。そして、もうこれ以上はあまり細かいことを聞きたくないかもしれない。ああ、それって、もしかして、セバさんにも何某かの瑕疵があったのかもしれない、って思った。合流って知って。だって、彼が何も悪くないような状況で、事故に遭って死んでしまうなんて、そんなのあんまりじゃないかと。まだ、本人にも悪いところがあっての事故のほうが、納得できてしまうというか。


いつも名嘉真さんちに行くのに、渋谷警察署通って、必ず交通事故の負傷者・死者数を見るんだけど、負傷者が0ってことはさすがにないけど死者は東京全体でも0の日が結構あって、やっぱり0だと嬉しいとは言わないまでも、何かホッとするものはあるんだよね。逆に、数字が1以上だと、胃が縮こまる思いがするんだけど、俺はその中にセバジュンが含まれている"1"を見ていたんだな(最近1以上の数字は記憶にないので、多分そのものずばりの1を見ていたはず)、と思うと、本当に言葉にならない。

で、こんなこと書いてるけど、さっきまで寝てる間に着信を残してくれていた友人と電話して、普通に笑ってたりもして。

それは、俺がそれほどNujabesを好きじゃないから、と言われればそれまでなんだけど、本当に、人生は楽しくて悲しくて、本当に愛さずにはいられない美しいものだなあと思う。

当然クソったれなことも腐るほどあるけど、それでもその思いはおそらく揺るがないものだろうな、と思うんだけど、それは、世の中くだらないなあと思わせるものよりも、素晴らしいものだと思わせてくれるもののほうが、トータルでは明らかに多いからだと自分では思っている。

そして、Nujabesの音楽は、後者の中でも特に秀でたもので、世界を美しく彩ってくれるものであったと心から思っている。本当に感謝しています。さようなら。

(注:このエントリーは3/19未明にmixi日記に書いたものを転載したものです)

 

JUGEMテーマ:音楽
 
はてなブックマーク - Nujabes急逝 | 17:05 | 戯言 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://diary.clue-web.net/trackback/1000470
トラックバック