<< Do You Ever Dream? | TOP | 愛のままにわがままに君だけを傷つけないのは僕ではなく稲葉さん。安心して君も傷つけよう! >>
JASRACに著作権料を支払うのはユーザーではなくTwitter社。安心して歌詞をつぶやこう!
タイトルは、この記事の件名。

一言で言うと、非常に胡乱であると感じました。こんなことを言うと、書かれた篠原修司氏に怒られてしまうだろうし、当然そんなことと一緒くたにしているわけがないと自分でも思うのだけれど、しかし搾取や犯罪なんかに絡めて、同じように「○○を××するのは自分ではなく△△、だから安心して□□しよう!」なんて文句をこじつけられそうな、そんな件名だなあと。


記事の内容は、具体的にはリンク先をご確認いただくとして、TwitterにてJASRACが管理している歌詞をつぶやくと、それに著作物使用料が発生する、という見解をJASRACの菅原瑞夫常務理事が表明したことを受けてのものです。一言で言えば、Twitterとてネットメディアである、という考え方で、それに関しては100パー同意。

Twitterやmixiをどうしてかクローズドなもの、なかには自分だけの大切な部屋、くらいに把握しちゃっている方は少なからずおられるように思うのだけれど、うんなわきゃあないし、個人的なものだからと主張したいのであれば、せめて限定公開にしておいてほしい。もちろん限定公開にしたら、好きなだけつぶやいていい、という話でもありませんが。


この見解に対しての是非はまた後で触れるとして、僕が先述の記事を知ったのは、知人のTwitterでの、

http://bit.ly/adfFht 何かこれはかなり腹が立った。少なくとも安心して下さい、と言えるのはツイッター社か歌詞書いた人じゃねぇのか?何で僕たちの薄っぺらい気持ちを表すのに、人の大事な歌詞を借りておいて、しかもそれで他人が金を払って、安心して下さいって言えるんだ。

というつぶやきで、 これに関しても100パー同意。多分僕はそんな見解に関係なく、つぶやきたくなったら好きにつぶやくし、それで金をと言われれば払いますよ。むしろTwitter社が支払うと聞いたら、ちょっと今後そういうことをする気にはなりにくい、ってくらいです。


話を少し逸らします。僕はこのブログで好きな漫画を取り上げることがたまにありますが、ページスキャンはしないようにしています。ただし、正直それを悪だとは、使い方によってはちっとも思っていません。全ページスキャンして、P2Pに流す、とかはタイーホでいいと思ってますけど、面白いコマを面白い記事で紹介するために、っていうのは、やってもいいと思っていますし、自分で文章書いてて、これは画像つけたほうが気になる、って人が段違いに増えるだろうなあ、って思うことも多いです。

もちろん権利は明らかに侵害されているわけですが、今ネット発で火が点く漫画は本当に多いし、明らかに一部の大手レビューサイトなんかは出版社に大きく貢献している。だから、望ましいことではないけど、出版社も上手に宣伝してくれる分には――と黙認しているのでしょう。

実際、「そういうサイトさんで、著作権の侵害があったら、ご連絡ください。すぐに削除します」なんて注意書きをされているところも多い気がするのだけれど、それって、「お前頭悪いな、どう考えても侵害してるんだよ!」っていう話じゃなくって、そう書くわけにはいかないだけで、真意としては「宣伝以上に権利侵害が甚だしい引用になってしまっていたらすぐに仰ってください。よくないこととは知っていますが、好きな作品をより多くの方に手にとってもらいたくてやっているんです」みたいな感じだと思うのです。

実際今のところ、スキャンをふんだんに使用するレビューサイトと出版社の関係って、ややグレーながらウィンウィンに、ある程度なっているとは思うんです。漫画家さんに関しては置いておきますが。

そこが一番大事じゃねえか! って話だとは思うんですけど、作家さんに関しては性格があまりにバラエティに富みすぎていますから、どんな感想でも見たら凹む人もいるし、どんなに作者も大納得の内容で褒めてもらっていても、スキャンされた絵にモアレが出まくっていたらしょんぼりしちゃうかもしれないし、それに関しては、レビューしている人だって、作家の性格を考えてこの人はスキャンあり! なんて考えていられないだろうし、気にするだけしょうがないのかなと思います。また、それを気にするなら最初からレビューなんてしない、っていうのが間違いなくジャスティスですし。

少なくとも、その記事で作品が売れれば、出版社からその分の印税は行くわけですし、それで勘弁してくれということでいいのかな、と。もちろん反対に、どんだけスキャンしてもらってもいいし、自分の作品について書いてくれる人がいるだけで嬉しい! って作家さんもおられるでしょう。

で、逸れた話の中でさらに逸れましたが、僕はとにかく基本的に権利を侵害しないようにしよう、という建前を自分に課しているので、漫画はスキャンしないようにしています。


正直、信念と言えるほどではなく、あくまでも建前なので、自分の記憶している限りでは、単行本ではなく雑誌なのですが、モーニング本誌で『社長 島耕作』のモリゾーとキッコロが描かれたカラーページをスキャンして投稿したことは間違いなくありました。弘兼先生を「オヤジしか読まない作家」みたいに馬鹿にしてる漫画読みに先生の狂気を知らしめてやりたい! と思ってのことです。心よりお詫び申し上げます。

続く。

JUGEMテーマ:音楽 
はてなブックマーク - JASRACに著作権料を支払うのはユーザーではなくTwitter社。安心して歌詞をつぶやこう! | 03:56 | 戯言 | comments(0) | trackbacks(1)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://diary.clue-web.net/trackback/1000461
トラックバック
2010/03/09 6:11 PM
山縣でございます。 役立つおすすめ商材・人気商材を ジャンルごとに厳選ピックアップしました お役にたてれば幸いです。
山縣厳選商材館