<< 話題の田母神俊雄さん出演の「いいとも」を見ましたよ | TOP | あなたのぉ〜 いないぃ〜 せかいでぇ〜 >>
『信長協奏曲』の
担当さんインタビュー

http://natalie.mu/comic/pp/nobunagaconcerto

石井あゆみ先生は確かに天才だと思う。この、面白さを言語化できない感は『ナチュン』以来かと思われ。「面白い」としか言いようがない。「信長がタイムスリップした現代人だったから面白い」は明らかに違うし、「キャラクターの掘り下げが凄い」も微妙。っていうか面白い漫画でキャラがしっかりしてるのなんて、ある種当然の話だろうし。まあとにかく「面白い」んですよねえ。

そして、歴史漫画でそれができない、っていうのはかなり凄いことだと思うのであります。

基本的に、好きな漫画を描いている人に、イコール会いたい、話してみたい、っていう風にはあまり思わない性質なのですが、石井先生の脳内宇宙はなんか凄そうだな、と思うのであります。

正直あまり売れていない気がしたので、こんな場末ブログで、って話ですが書いてみました。明らかに作家さんが凄いのだけれど、しかし他の作品で面白いものを描けるかどうか、というと、もちろん他のも読んでみたいけど少し不安だったりもするので、是非売れて長く続いていただきたいと思うのであります。

 

そういえば、『ナチュン』も『信長協奏曲』も、どちらもアシスタントさんなしで1人で描かれている作品なんですよね。筆が早くて必要ないだとか、地理的・経済的な事情だとかもあるのかもしれませんが、この濃密さ、他人と共有するのが難しい――みたいなところもあるのかも。
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
はてなブックマーク - 『信長協奏曲』の | 07:23 | 戯言 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://diary.clue-web.net/trackback/1000426
トラックバック